2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 細谷繋がりで | トップページ | くりはら田園鉄道廃線紀行(中) »

くりはら田園鉄道廃線紀行(上)

去る5月3日、この日は実家の田植えの予定でした。
しかし、前日まで降り続いた大雨のせいで予定が狂い、急遽オフとなってしまいました。
ということで、以前から気になっていた「くりでん」こと「くりはら田園鉄道」の廃線跡を訪ねることにしました。


【石越駅】
ちなみに、ここは廃止日の翌日にも訪れてました。
その時の記事はこちら

かつては白いモダンな駅舎があったのですが、2008年に取り壊され、跡地には石碑が建っています。
いろいろと事情があったとは思いますが、できれば何らかの形で駅舎を残して欲しかったです・・・
Dsc07142

Dsc07145_2

また、ホームも撤去され、線路だけが残されています。
かつてのホームがあった場所の向こうには、新しくなったJR石越駅と、9:16発小牛田行き普通列車。
Dsc07148

この写真を撮っているとき、線路を伝って歩いてくる人影がありました。
「もしかしたら廃線マニアの人?こんな朝早くから熱心だなぁ」
と思っていたら、JR石越駅を利用する地元の方でした(^^;


【荒町駅】
昔の記憶を頼りに探すも見つからず、気が付いたときには、もう一つ先の若柳駅まで行っていたというミス。
一旦戻って、農道脇に車を停めて線路沿いを歩いて探すという「スタンド・バイ・ミー」状態(^^;
数分ほど歩くと、線路脇にそれらしき更地が。

ありました、荒町駅跡。
石碑も立っています。
確か、ホームと待合室のみの小さい駅だったなぁ。
Dsc07153

Dsc07152

ここだけに限らず、道路と交差する所は、軒並み舗装し直されているようです。
Dsc07151

電車の注意を促す標識。
電車が来なくなった今もなお、風を受けてクルクル回り続けています。
Dsc07156


【若柳駅】
くりでんの中でも数少ない有人駅のひとつ。
現在は、鉄道公園と農産物直売所が併設されています。
この日訪れたときは、午前中の早い時間だったにもかかわらず、多くの人が訪れていました。

若柳駅舎。
一部には沢辺駅の建材も使用されています。
Dsc07197

駅内部。
中には入れなかったので、窓ガラス越しに撮影。
時刻表や運賃表は、貴重な歴史の証人ですね。
待合室の長椅子の背もたれの広告もいい味出してます。
Dsc07174

Dsc07172

Dsc07171

Dsc07173_2

駅員室。
窓際にはタブレット閉塞器が。
Dsc07199

かつてはいろいろな荷物を量ったであろうハカリも残されており。
Dsc07200

腕木式信号機。
漫画「鉄子の旅」で横見氏が感動したアレですね。
Dsc07206

信号梃子と木製の改札口も残されています。
定期的に行なわれる乗車会の時には駅舎とホームが開放されるので、そのときは間近に見られるチャンスですね。
Dsc07203

ホームに保存されている車両たち。
きちんとお色直しが施され、余生を過ごしています。

臙脂色の車体のKD951。
見えにくいですが、車体脇には伊豆沼や迫川に飛来する白鳥が。
Dsc07163

紅白の車体のKD11。
ヘッドマークはKD951と同じ。
Dsc07165

黄&赤のM153。
なかなかいい面構えです、
Dsc07167

Dsc07168

なんとなく犬っぽい感じのED203。
かっこいいですね(^-^)
Dsc07179


作業用のモーターカー。
くりでんの前身「栗原電鉄」の表示が。
Dsc07184

武士っぽい注意書き。
Dsc07182

ちょっと小さめのDB101。
かわいいです(*^_^*)
Dsc07185

でも意外と力持ち。
Dsc07186_2

黒い車体がシブい有蓋緩急車のワフ74。
なんと大正3年製!第一次世界大戦が始まった年ですよ!Σ(゚д゚;)
Dsc07192

こちらもなかなかの趣。
無蓋緩急車のト102および103。
こちらはなんとなんと、明治40年製!今から105年前って!!Σ(゚д゚;)
Dsc07191

ちなみに、これらの貨車は武蔵野鉄道(現・西武鉄道)からやってきたそうです。

くりでんの来歴が書かれた「くりはら田園鉄道記念碑」。
Dsc07175

車両基地全体図。
Dsc07214_2

車両基地の中のKD95。
このヘッドマークは、宮城県北民にはおなじみでした。
Dsc07208

Dsc07209

車両基地に残るいろいろなもの。
まだ当時の息遣いが。
Dsc07210

Dsc07211_2

基地の裏にある、貨車を再利用した倉庫。
こちらはまだ現役でがんばっているようです。
Dsc07205

思ったよりも施設や遺構が充実していて、予想以上に時間を費やしてしまいました(^^;

(中)に続きます。

« 細谷繋がりで | トップページ | くりはら田園鉄道廃線紀行(中) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くりはら田園鉄道廃線紀行(上):

« 細谷繋がりで | トップページ | くりはら田園鉄道廃線紀行(中) »