2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

士道に基づき

先日、石巻市内のホームセンター巡りをしていたら、このガチャガチャを見つけました。http://epoch.jp/rc/capsule/2010/main/m02/img04.html

新選組隊士たちの刀鍔をミニチュア化したとのことで・・・
まぁ、真偽の程はさておき、刀好きとしては鍔のストラップは純粋に欲しいなぁ、と。
本物の鍔を携帯に付ける気力も財力も持ち合わせていないし。
それに、数年前から「男前豆腐店」関係のストラップを3つほど携帯に付けていたのですが、長年に渡る酷使によりだいぶボロボロになってきたため、そろそろ新しいストラップにしようかなと思っていたところだったので、(人目を憚りつつ)チャレンジしてみました。

で、出てきたのは三番隊組長・斉藤一の鍔。
Tsuba1

シンプルながらも、そこがまた味のあるフォルム。
しかしながら、紐がちょっと短い上になんとなく味気ない・・・
そこでいろいろと検討した結果、根付紐を買ってきて改造することにしました。

ちょうどうまい具合に、百均で手頃な根付紐セットをゲット。
その中から、シンプルな鍔の形に合いそうな黒の紐をチョイス。

そして、改造後の結果がこちら。
Tsuba3

うん・・・
うんうん・・・
悪くないね・・・

で、さっそく携帯に付けてみました。
Dsc05345

イエーイ。

でもあと2つあります。
Tsuba4

どんだけチャレンジしてんだよ>自分

せっかくなので、残りの二つも改造しました。
Tsuba5_2

真ん中の黄色い紐は、一番隊組長・沖田総司の鍔。
右の赤い紐は、副長・土方歳三の鍔。
DSとデジカメに付けようかな。

個人的には、二番隊組長・永倉新八と六番隊組長・井上源三郎の鍔が好みなんですが、私のお小遣いにも限りがあるので、今回はこの辺で・・・

また一つ・・・

先月末、仙台の老舗書店「宝文堂」が閉店しました。

ここ数年、郊外や仙台駅前に大型書店が次々と進出する中、協同書店高山書店・アイエ書店といった地元の有力書店が相次いで閉店しましたが、宝文堂もやはりその流れには逆らえませんでした。

この書店の特徴は、書籍の販売はもちろんのこと、自社出版、特に郷土史に力を入れていたことです。
仙台藩の正史である「伊達治家記録」をはじめ、古代から近代までの宮城県の歴史・人物の書籍を数多く手がけており、歴史好きにはとてもありがたい出版元でした。
もちろん、このブログの元サイトである酔牛庵でも、多くの書籍を参考にさせていただきました。

個人的には、葛西氏関係や仙台領内の城館の書籍が揃っていたのが頼もしく、「戦国大名葛西氏家臣団事典」や「資料 仙台領内古城・館 第一~四巻」などといった書籍は、それこそ喉から手が出るほど欲しかったものの、その値段ゆえになかなか手が届かなかった本でした。

71年という長い間、宮城そして仙台の文化の一翼を担ってきた宝文堂には感謝の念でいっぱいです。
ありがとう、宝文堂。

ここしばらくは、古本屋をこまめに覗いていきたいと思います。